京美人はどうやって生まれたの?

「京美人」と称されるほど、京都は美しさにあふれる街。なぜ美しい女性が多いのか、その理由は、キレイな水が流れる地域であることや日照時間が短いことから、色白で美肌の人が多かったのではないかという説もあります。また平安時代の貴族たちは、艶やかな黒髪をキープするために米のとぎ汁でお手入れしていたり、舞妓さんは古くなった絹織物を使って洗顔するなど、お肌のメンテナンスをしていたそう!商業もさかんな街だったため、印象を良くするためにも、美容を大切にしていたとも言われています。

京都でめざすワンランク上の美

このように古来から美意識の高い京都には、今でもちろん美容にいそしむ女性が多いことでも知られています。エステサロンやヘアサロンなどをはじめ、ビューティーサロンが続々オープン。四条・河原町といった賑やか場所をはじめ、丸太町など路地にひっそりたたずむプライベートサロンもあり、自分に合う雰囲気に合わせて選択できるのがうれしいですね。

詳細を表示