お肌の曲がり角っていつ?

「25歳がお肌の曲がり角」という言葉をよく耳にしますが、この言葉通り、20代後半を境にスキンケアを強化させねば!と感じる方も多いのではないでしょうか?しかし厳密にいえば、実際は生まれた瞬間からが肌の老化のスタート…。目に見えなくても皮膚の細胞は日々老化していっているのです。40代からはコラーゲンの成分が減少することで、さらにエイジングが本格化、そして50代を迎えると肌の再生機能であるターンオーバーの速度が遅くなることで、みずみずしい肌をキープすることが難しくなってきます。

お肌への"愛情"の込め方

しかし嘆いてばかりはいられません!毎日のスキンケアの徹底とプロによるトリートメント&アドバイスにより、肌の老化を遅らせ、肌の老化の予防をすることはできます。とくに年齢を重ねると、デパートなどで高価な化粧水・乳液を購入してもなんだか効果が得られない、と感じる女性も多いはず。そんなときには少し立ち止まって、スキンケアの方法をもう一度見直してみませんか?アンチエイジングのスペシャリストであるエステティシャンや美容皮膚科医の先生ならば、解決の近道を知っているはずです。

キーワードは辛抱強く

エステサロンでは、自慢の手技やマシンを使った小顔メイクや肌質改善などを得意としているエステティシャンが多く、リラックスできる雰囲気のなかお手入れしてくれます。しかし医療機関のような高い効果や持続性を最大のポイントに挙げることは難しいため、何度も地道に通って肌質を磨く必要があります。肌のターンオーバーは1~2ヶ月とも言われているので、1回で終了ということはなかなかできません。努力と忍耐こそが、まさに美肌の鍵。辛抱強く、念入りにトリートメントしていきましょう。
    エステメニュー例:リンパマッサージ、小顔コルギ、デコルテマッサージ、毛穴洗浄、イオン導入による美容液導入、EMS、ヒト幹細胞培養液を使ったメニューなど
また、美容クリニックでケアを行う場合は、肌にレーザーを使用したりするため、ダウンタイムという肌が正常に戻るまでの時間を考慮する必要があります。ダウンタイムのない治療もないわけではありませんが、医療行為のあとにはいずれもアフターケアが大切。エステサロンと同じように忍耐をもってケアしていけば、思い描いていた美肌に着実に近づいていきます。

詳細を表示