グルーポン ガイド HOKKAIDO

脱毛は「冬から始める」が正解!

2019年11月29日

寒さが厳しくなる、これからの季節。お肌やムダ毛はすっぽり隠せて嬉しい季節ですが、実は今が脱毛のベストシーズンなのです。

“脱毛=夏”

そんなイメージは今日でお別れしましょう。

 

↓↓↓脱毛クーポンを集めた特集ページもチェック!↓↓↓

 

この季節に脱毛をはじめるメリット

毛周期と脱毛する頻度、期間について

レーザーや光脱毛は、毛が生え変えるサイクル(毛周期)に合わて行います。毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」に大きく分かれ、脱毛ができるのは毛根からしっかり生えている「成長期」だけ。「退行期」「休止期」は、もう抜けそうな状態や、すでに抜けている状態だからやっても意味がありません。むしろ肌にダメージを与えるだけ。毛周期は部位によって差はありますが、1ヶ月半~3ヶ月の間隔で脱毛を行うと、夏に向けて無理なくムダ毛のない肌に近づけます。

また紫外線のリスクが少ないのも、冬をお勧めするポイント。レーザー脱毛や光脱毛は、「メラニン色素」に反応して毛根にダメージを与えます。これはお肌に少なからずとも負担がかかり、時にはやけどにも。季節に関係なく脱毛後のデリケートなお肌には紫外線を浴びさせないようするのが必須!その点、冬は紫外線が少ないのと、自然に肌も隠れるから好条件なのです。

暖かい季節になって焦っても、予約が殺到して夏に間に合わない…なんて心配をする前に、この冬から美肌の準備を始めませんか?

  • 毛周期に合わせて、夏までにツルツル肌に
  • お肌の天敵、紫外線が少ない
  • 予約が取りやすいから、ストレスフリー?
  • さらにグルーポンだとお得に脱毛できる

 

脱毛の基礎知識

これだけは知っておきたい!脱毛の基礎知識

  • 敏感肌・アトピー肌でも脱毛はできるの?
    症状がひどい場合は、落ち着くのを待ちましょう。施術に影響のない状態であれば可能な場合があるので、諦めずにまずは相談してみてください。

  • 意外と知られていないVIO脱毛の常識
    水着や下着から出るはみ毛の心配がない、ニオイやかぶれが気にならない、温浴施設やジムで堂々と着替えられる…etc.見た目や衛生面にも満足している方が多いようです。最近では将来のために、妊活脱毛や介護脱毛のニーズも増えています。

  • 男女による意識のズレ
    女性はワキ・足・腕のムダ毛が気になり、男性目線だとワキ、そして胸まわりや口まわり、背中も目につくようです。女性目線では意識しない無防備な部位も、意外に見られているのですね。

グルーポンでの人気メニューTOP3

  1. 全身脱毛
  2. VIO
  3. 選べるコース別脱毛

「見える部分だけ脱毛」など、色々な部位を選べますよ。

ランキングには入りませんでしたが、自分でお手入れできない「背中」も外せない部位。ビーチだけでなく、電車やエレベーターなど日常生活でも意外と見られています。無防備なムダ毛なんて残念ですよね。だけど見えない箇所を無理に自己処理すると、カミソリ負けばかりでなく、誤って肌を傷つけてしまうこともあり、とても危険です。エステサロンやクリニックで脱毛することをお勧めします。

エステ脱毛

エステ脱毛では毛母細胞を破壊できる脱毛機は使用できません。 光脱毛は、毛根を破壊するほどのパワーはありませんが、その分医療脱毛に比べて痛みは感じません。脱毛効果を得るには時間がかかります。

  • IPL脱毛(Intense Pulsed Light)
    肌に特殊な光をあてて毛根にダメージを与える脱毛方法。幅広い波長を持つIPLは、もともと光のエステとして使われ、脱毛と同時に美肌も期待できます。多少の痛みは感じます。

  • SSC脱毛(Smooth Skin Control)
    塗布したジェルに照射する脱毛。ジェルが浸透して抑毛するので、肌を直接傷つけず、痛みが少ないのが特徴です。

  • SHR脱毛(super hair removable)
    毛根への刺激ではなく、毛包を広範囲に照射するので毛周期に左右されず脱毛ができます。急激な温度上昇もないので肌への負担が少なく、ほどんど痛くありません。日焼け肌も脱毛可能です。

医療脱毛

出力が高く脱毛効果に優れた照射で、毛母細胞を破壊します。痛いのは熱によるものですが、お肌へのダメージに配慮して冷却しながら脱毛したり、麻酔を施したり、炎症を抑える薬を処方するなど、医療機関ならではのサポートが備わっています。

  • レーザー
    医療機関で行うレーザー脱毛が、医療レーザー脱毛です。黒色の色素「メラニン」に反応、毛の細胞をしっかり破壊します。
  • IPL
    レーザーより低く、エステサロンより高い出力で照射。痛みが苦手な人にお勧めします。

ワックス脱毛

VIO・顔・鼻毛に人気の「ワックス脱毛」。ハチミツなどを原料に、粘着性のあるワックスで毛を固めて一気にはがすという方法で、今すぐムダ毛なくしたい時にお勧めです。刺激が強いのと、開いた毛穴から雑菌が入りやすくお肌へのダメージが気になるので、施術後はいつも以上に清潔な状態を保ってください。



他にも、シュガーリング脱毛というのもよく目にします。これは砂糖・レモン・水のみを使い、粘着性がなく無理に肌から剥がすことがないので、ダメージが少ないと注目の脱毛です。

 

今人気のメンズ脱毛

メンズ脱毛のメリット・デメリット


ヒゲ・VIOなど、男性だって脱毛する時代です。毎日の髭剃りは時間の無駄!でも自分でムダ毛処理をしているとカミソリ負けや乾燥など、新たな悩みが…。エステサロンやクリニックで、むらなくムダ毛を脱毛しませんか?

  • 見た目がキレイ
  • ムダ毛がなくなれば、むれないのでニオイ対策に
  • 朝の髭剃り時間をカット!
  • ムダ毛というコンプレックスがなくなり、内面から自信が
  • 女性に比べて剛毛だから時間がかかる、そして痛みに耐えられるか

どのくらい痛いの?

感じ方は個人により差がありますが、やっぱり痛いものは痛いです(刺青いれるほどではないけど)。痛みを和らげる機械や技術、クリニックであれば麻酔もあります。

ヒゲ脱毛に必要な回数と期間

ヒゲ脱毛といっても、口周り・鼻下・顔全体など部位はさまざま。毛周期を考慮して1~3ヵ月に1回程度を半年~2年半程度の期間が目安のようです。

ハイジ男子とは?

アニメ好きの男子ではありません。アンダーヘア(VIOゾーン)を脱毛した女性「ハイジニーナ」にちなみ、同様の男性を表す言葉として登場しました。40代を境に、若い世代が女性からの要望で行うケースが多いとのこと。もともと欧米女性の間で火がつき、有名スポーツ選手にも広まったことで、徐々に注目されるように。

お得なメンズ脱毛のクーポンをお探しならコチラ!

脱毛のお手入れ・リスク

脱毛前後の正しいお手入れ法

  • 施術前にご自身で施術希望部位の剃毛をお願いします。詳しいお手入れについては、予約時に確認してください。
  • 医療レーザー脱毛の施術後は、皮膚の内部で軽いヤケドを起こしています。当日は湯船に浸からないでください。
  • 激しい運動やサウナは控えましょう。発汗状態のお肌は、雑菌が繁殖しやすいからです。
  • 脱毛当日はお酒を控えましょう。血行が良くなり、腫れや痒みなどの炎症が出やすくなります。
  • 当日~3日目頃、赤み・かゆみが出る場合は、炎症を抑える薬を塗布してください。
  • その後も保湿を欠かさないように。デリケートゾーンは低刺激なものを。
  • 脱毛期間中は、毛抜き・脱毛ワックスは行わないでください。

脱毛前に知っておきたい!注意点

  • 日焼けした肌には脱毛ができません(SHR脱毛を除く)。日頃から紫外線対策はお忘れなく。
  • 冬は予防接種の時期でもありますが、照射により発熱や腫れなどの症状が進む恐れがあります。予防接種前後1週間の脱毛は避けてください。

肌トラブル

  • 脱毛中の日焼けはダメ!
    脱毛中も脱毛前もダメです。日焼けした肌は紫外線のダメージを受けている状態、赤く熱をもち乾燥をしているのは、やけどと同じ症状です。また脱毛後のお肌はダメージを受けやすくデリケートな状態なので、紫外線はまさに天敵です。


  • 大変、皮膚の中に毛が埋もれちゃった!埋没毛とは?
    自己処理でのトラブルに多い「埋没毛」。カミソリや毛抜きなどにより傷つき毛穴が埋もれてしまします。スクラブなどで古い角質を落とすしかありませんが、とても時間がかかります。埋没毛にならない為に、自己処理は見直した方がいいですよ。

 

ちょっと意外な脱毛

「妊活脱毛」妊娠前にVIO脱毛しておきたい意外な理由とは?

「妊活脱毛」をご存知ですか?妊娠前にアンダーヘアの脱毛することをそう呼びます。出産時の会陰(えいん)切開による傷口からの感染、出産後に生理のような出血が続く「悪露(おろ)」、ホルモンバランスの影響で肌そのものがデリケートなので、常に清潔な状態でなくてはなりません。アンダーヘアを脱毛しておくことで、ナプキン使用によるかぶれや菌の増殖を防止、臭いや肌トラブルを軽減に繋がります。
妊娠中は脱毛できません。肌トラブルが起きても薬剤を服用できない、姿勢や痛みなど母体への負担、ホルモンバランスの変化で納得のいく効果も得られません。そこで、妊娠前にVIO脱毛を行い出産に備えるのです。

「介護脱毛」とは?

介護に脱毛もあるのか?はじめはそんなイメージでしたが、「介護脱毛」はまだ介護されない40代が始める脱毛を意味します。家族の介護に関わることが増えてくるこの年代。特に下の世話はお互いのストレスが大きく、アンダーヘアがないことで汚物は拭き取りやすい…、自分の子供には同じ負担をかけない親の配慮です。それ以外にも40代から始める理由としては、アンダーヘアは白髪になりやすく、レーザーや光脱毛は黒い色に反応するので白髪だけ残ってしまうからです。きれいに脱毛するなら白髪になる前がお勧めです。

アンダーヘアの脱毛は、
オシャレや身だしなみはもちろん、大切な人への思いやりなのですね。

 

↓↓↓脱毛クーポンを集めた特集ページもチェック!↓↓↓